2019年02月24日

断熱材・炭化コルク


大山 E様邸です。

断熱材の施工が完了しました。
断熱材は現場で吹き付けて施工する、現場発泡硬質ウレタンフォームです。

P2240213.JPG

吹き付けて膨らんだときに壁9mm、屋根裏16mm以上の厚さになるように施工します。

P2240218.JPG

外部では炭化コルクの施工が進んでいます。

P2240205.JPG

炭化コルクは、しっくいの下地として使用していますが、火に強いしっくいと燃えにくい
炭化コルクの相乗効果で45分準耐火仕様の大臣認定を受けています。

P2240219.JPG

瓦葺工事が完了しました。

P2240221.JPG


posted by げんばかんり at 13:44| 山形 ☁| Comment(0) | 大山/E様邸(18.11〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制震装置「ブレースリー」


鶴岡市内 S様邸です。

外部では瓦葺の作業が完了しました。

P2240202.JPG

内部では、建物の地震の揺れを軽減させる制震装置の「ブレースリー」を導入しました。

P2240195.JPG

このアルミダンパーの塑性変形によって生じるエネルギー吸収機能により、
安定した減衰性能を発揮し地震の揺れを30〜50%低減します。

P2240196.JPG

そしてアルミ押出形材なので経年劣化も起きにくく、低コストでもあります。

P2240198.JPG

断熱材により見えにくくなっていますが、外周部と内部の間仕切りに計3ヶ所施工しています。


posted by げんばかんり at 13:29| 山形 ☁| Comment(0) | 鶴岡市/S様邸(18.11〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする