2019年03月11日

断熱材


日枝 I様邸です。

炭化コルクの施工が進んでいます。

P3100183.JPG

内部では断熱材の施工が完了しました。

断熱材は現場発泡硬質ウレタンフォームで、2種類の液体を混合させたものを吹き付けて発砲させます。

P3100190.JPG

硬質ウレタンフォームには他の断熱材料にはない自己接着性という優れた特徴があります。

これは接着剤を使わなくとも柱や金属、コンクリートなどに直接発砲することにより、
対象物に強く接着した断熱層がつくることができます。

P3100193.JPG

posted by げんばかんり at 10:37| 山形 | Comment(0) | 日枝/I様邸(18.12〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

工事進行状況


大山 E様邸です。

外部ではしっくい塗りの作業を行っています。
このしっくいはセメントと砂を水で練ったモルタルを混ぜて塗っています。

P3080194.JPG

モルタルしっくいが乾いた後、更にしっくいで化粧塗りをして仕上げます。

玄関ドアも搬入し、取り付けが行われました。

P3080190.JPG

内部ではラスボードの施工が始まりました。
天井はこのラスボードの上にしっくいを塗って仕上げます。

P3080196.JPG

1階、2階ともにフローリングの施工も始まりました。

どちらも無添加住宅の無垢フローリングで、薬剤処理ではなく高温釜での
防虫防カビ処理や冷凍殺虫を行っているので安心・安全な無垢材です。

1階 アカシア柿渋塗装

P3080198.JPG

2階 ロシアンパイン

P3080199.JPG


posted by げんばかんり at 15:21| 山形 ☁| Comment(0) | 大山/E様邸(18.11〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

外部工事


鶴岡市内 S様邸です。

外部では炭化コルク貼り工事が進んでいます。

炭化コルクは断熱性・防音調湿・耐腐食性・防虫性など
優れた性能を持っています。
当社ではしっくいの下地として炭化コルクを使用しています。

P3040201.JPG

190302 (13).JPG


内部はユニットバスが設置されました。

190302 (5).JPG


posted by げんばかんり at 16:01| 山形 ☔| Comment(0) | 鶴岡市/S様邸(18.11〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

屋根工事



日枝 I様邸です。

屋根工事が始まりました。

I様邸ではクールーフを使用します。
クールーフは天然石である粘板岩で、古くからヨーロッパで建築材料として使用されてきました。
広い面積の石を、独自の工法で葺くので、重ねしろが少なく、平瓦に比べ軽く葺くことができます。

190302 (3).JPG

190302 (4).JPG


しっくいの下地となる炭化コルク貼り工事も始まりました。
P3040197.JPG
posted by げんばかんり at 16:01| 山形 ☔| Comment(0) | 日枝/I様邸(18.12〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

断熱材・炭化コルク


大山 E様邸です。

断熱材の施工が完了しました。
断熱材は現場で吹き付けて施工する、現場発泡硬質ウレタンフォームです。

P2240213.JPG

吹き付けて膨らんだときに壁9mm、屋根裏16mm以上の厚さになるように施工します。

P2240218.JPG

外部では炭化コルクの施工が進んでいます。

P2240205.JPG

炭化コルクは、しっくいの下地として使用していますが、火に強いしっくいと燃えにくい
炭化コルクの相乗効果で45分準耐火仕様の大臣認定を受けています。

P2240219.JPG

瓦葺工事が完了しました。

P2240221.JPG


posted by げんばかんり at 13:44| 山形 ☁| Comment(0) | 大山/E様邸(18.11〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする